下痢旅行 以外にも蕎麦が救世主 下痢が治らない人必見!治し方、止める方法!対策集

下痢旅行 以外にも蕎麦が救世主

旅行を前にして

旅行を前にして

 

まだ妻と彼氏彼女だった頃、真田幸村のファンだった私の希望で長野県上田に旅行に行くことになりました。
花火大会も開催されるので、浴衣を事前に買って、着々と楽しく準備を進めていました。
しかし、旅行の2日前、それは起こりました。
下痢です。
特に思い当たる原因は無いのですが、仕事中、トイレに行くと、お尻から水が噴射するような感じでした。あまり下痢にならない体質でしたので、一過性のものだろうと思っていました。
ところが、翌日になってもお尻からは水が出るのみ。もう旅行の前日です。しかも1時間に1回位の頻度でトイレに駆け込むような状況です。彼女に言うべきか迷いながらも、恥ずかしさと見栄が勝ち、結局伝えないまま旅行に行きました。
治るかもと言う浅はかな期待は叶わず、行きの高速では都度SAやPAに立ち寄る始末。さすがに隠しきれず、3つ目のSAで彼女に正直に話しました。
それからというもの、花火大会の時も上田城趾公園でも常に便意(出るのは水ですが)と戦いながら行程が過ぎて行きました。夜のお楽しみも叶わずに…。

 

 

奇跡のそば

奇跡のそば

 

行程の最終日、彼女への申し訳なさと変わらず続く便意を噛み締めながら、ランチに駅前の美味しい蕎麦屋に入りました。下手なものを食べると悪化すると思い、ざるそばのみを注文。正直、美味しかったかは全く覚えていません。
蕎麦屋を出、帰りの高速、このまま無事着いたら病院へ行こうと考えていました。そして、何かの病気でこのまま入院とかするのかな、と真面目に思っていました。
今でも覚えている談合坂サービスエリア。トイレに行くと少し違う気配。ウサギのような小さいコロコロがたくさん出ました。そして、お腹がスッキリしてきました。
家に着いて、トイレに行くともう少し大きめ。翌朝には普段通りのものになりました。
蕎麦の力なのか定かではありませんが、あの時の蕎麦から下痢が快方に向かいました。

 

 

緊張しない、リラックス

 

何が原因かはわかりませんが、初めての彼女との旅行で緊張していたのかなと思います。
お腹を温めるとか腸内環境を整えるとか物理的な工夫はもちろんですが、何事にも緊張しないこと。これが一番の下痢対策だと思います。
そして、下痢になったら、蕎麦を食べてみて下さい。意外に効くかもしれません。

 

/男性(31)会社員さんの工夫