下痢が治らない人必見!治し方、止める方法!対策集

過敏性腸症候群には精神面と食事面の両方から改善

 

私は24歳ぐらいから下痢症状に悩まされてきました。お腹が痛くなることもあれば、痛くないのに便意をもよおしてトイレに行くと下痢という事もあります。
下痢症状が2週間ほど続いた時に、始めて病院にいったところ、過敏性腸症候群だと言われ、便通をコントロールする薬を処方されました。
ですが、薬に頼るのもあまり好きではないので、自分で何とか改善するため、食生活と生活面(精神面)を考える事にしました。
私は、なにを食べるとお腹が痛くなると結構自分の中で思ってしまうので、実際それを食べるとき意識しすぎて本当に下痢になることも多いです。
一度お腹が痛くなると1時間〜2時間ぐらいはトイレから離れられません。

 

 

友達の家でトイレから離れられない

友達の家でトイレから離れられない

 

友達の家で夜ご飯を頂いたあと、しばらくするとお腹がゴロゴロし始めて痛みが。
最初はトイレに行っても全くでない。でも、すごくお腹は痛い。
暫くすると、下痢が始まり、トイレから出てはまたすぐトイレに行く。
これの繰り替えを10回ぐらいしました。私からすると、お腹が痛くなった時はいつもこの状態なので普通の事でしたが、友達は驚いていました。
そんなに行くの?そんなに出るの?大丈夫?と。
一旦収まったので、その間に家に帰ることに。車で20分ぐらいの所ですが、帰っている途中で痛くなりました。
コンビニなどに行く事が私できないため家まで我慢する事に。本当にきつかった。
家に着いたら家の前に車を止めて一目散にトイレに走りました。

 

 

 

痛いときには我慢をしない

 

何回もトイレに行くのは、少量出ては、また痛くなるの繰り返しだからです。
出たら一旦は痛みが止まるからトイレから出るけれど、また10分ほどすると痛くなるのです。
結局痛くなったら最後まで出しきらないと、痛みが止まることはないのです。
なので、私は割り切って痛いときはもう乗り切ることはできないから、最後まで出すと決めています。
脱水状態にはならないよう、暖かいお茶は少量ずつ飲みながら。

 

 

何を食べたら痛くなるか、どんな時に痛くなるか

何を食べたら痛くなるか、どんな時に痛くなるか

 

私は食事で痛くなることも多く、また環境によっても痛くなるので、自分で下痢日記をつけて調べました。
食べ物で言うと、油もの、ラーメン、乳製品・アワビを食べると下痢になりやすいです。
なので、乳製品・油ものは少なめに、ラーメン・アワビは食べないようにしています。
環境面は、やはり緊張した時、あと冷房で体が冷えた時。
冬の自然の寒さでは大丈夫ですが、夏の暑い時期の冷えたファッションビルや百貨店では冷房が寒くてよく下痢になります。
また2年前から家でシソジュースを作って1年中飲んでいます。シソジュースには殺菌作用があるらしく、腸内環境にいいそうです。
確かに昔と比べると下痢の回数はかなり減りました。
自分でどういったときに下痢になるかを知っておくと、かなり防げます。

 

/女性(37):一般事務員さんの工夫