私の下痢の対処法は1リットル以上水分を取らない 下痢が治らない人必見!治し方、止める方法!対策集

私の下痢の対処法は1リットル以上水分を取らない

 

遅刻寸前の電車で突然お腹が

遅刻寸前の電車で突然お腹が

 

寝坊してしまい、会社に向かう電車の中で突然お腹に異変を感じました。
すぐにお腹が痛くなって、トイレに駆け込みたい気持ちでいっぱいでしたが今は電車の中で駅に着くまでにはまだ時間があります。
また、駅についたとしても寝坊して遅刻寸前というギリギリの状態でしたので駅のトイレに駆け込む時間的余裕もありません。
駅についたらすぐにバスに乗らなくては間違いなく会社に遅刻してしまいます。
なんとかトイレに行かずに会社まで持たせようと考えました。

 

 

 

体に刺激を与える

体に刺激を与える

 

満員電車の中でしたので、出来ることは限られています。
私がまず行ったのは片手でお腹を軽く押す事でした。
片手でお腹を押すことで下痢に伴う腹痛を抑え、またお腹に刺激を与えてトイレに行きたいという自分の気持ちを少し鎮めようと考えたからです。
その効果はそれなりにあり、電車の中では下痢をなんとか抑えることが出来ました。
しかし、電車を降りても会社までにはバスを乗らないといけません。
動いている時はそちらに体が反応するのか多少の腹痛や下痢は我慢できるのですが、電車やバスなどの立ったまま、座ったままの状態ではどうしてもお腹に法に意識がいってしまいます。
満員のバスの中で立った状態になった私は電車の中よりも強い便意を感じるようになり、さほどの軽くお腹を押すやり方では耐えられなくなりました。
今度はお腹や腕などを強く抓ったり揉んだりして便意を鎮めようとしました。
その効果もあり、電車よりも短し乗車時間という事も相まってなんとか会社に着くまで耐えられました。

 

 

必要以上に水分をとり過ぎず、体を冷やさない

必要以上に水分をとり過ぎず、体を冷やさない

 

暑い時期などはどうしても水分を補給したくなる時も多いです。
水分を定期的に摂取するのは当たり前ですが、その時に必要以上に水分を取らないようにと考え、一度に水分を1リットル以上取らないように心がけています。
少しずつ水分を1リットル分取るのは問題ないと思いますが、一度に1リットル以上の水分を補給すると一気に体が冷え、どうしてもお腹に悪い影響を与えてしまうからです。
普段の生活でもお腹を冷やさないように心がけて、夏は夜に冷房をかけて寝ることも多いですがお腹を冷やさないように腹巻きを着用してお腹をガードして寝るようにしています。
会社でも冷房がかかって室内が冷えていることも多いです。
さすがに腹巻きは出来ませんので、シャツの下に厚めの下着を重ね着してお腹部分をガードしています。

 

/女性(34)派遣社員さんの工夫